株式会社丸江

快適をお客さまにも、地球にも。

2月~金柑のたまたまジャム~

2月といえば金柑です。 そこで、その名も【金柑のたまたまジャム】のレシピをご紹介します♪♪ 皆様も是非1度お試し下さい。(旬:12-2月)

2月~金柑のたまたまジャム~
金柑さて前回のブログでご紹介したジャム・・・2月といえば金柑です。
その名も【金柑のたまたまジャム】のレシピをご紹介します♪♪皆様も是非1度お試し下さい。

材料

金柑
1キログラム (250グラム瓶が6個程度です)
砂糖
400グラム グラニュー糖でも可
白ワイン
100cc程度

後は好みでレモン果汁かりんご果汁を加えてもよい

作り方

  1. きんかんは水でよく洗い竹串の先でへたを取り除きます。たねが多いので半分に切り、かにの身を取るステックか小さなフォークでたねを取り除きますきんかんは水でよく洗い竹串の先でへたを取り除きます
  2. きんかんは生でも食べられるので半身のままできんかんに水分が出てくるまでワイン少々と砂糖が3分の1程度を鍋にいれて木べらで混ぜ合わせます。
    きんかん半身きんかん半身
  3. 中火で水分が煮立ってきたら白い泡のアクを取り除きます。焦がすと味も色も悪くなるので木べらでゆっくりと混ぜながら煮ます。ここは一番注意!! 少しねばりが出てきたら残りの砂糖を加えて煮立てます。ジャム状になったら火を止めます。
  4. 熱いうちに消毒した瓶に口金一杯に詰める熱いうちに消毒した瓶に口金一杯に詰めることで空気が入らない状態にする。熱湯消毒は約5分程度です。家庭で早目に食べられる方は瓶を逆さまにしておくと全体に熱がまわりますのでこれでも保存できます。家庭であれば冷蔵庫に保管すればよいでしょう。
  5. フードプロセッサーを使って半分を好みのジャムにする。最近、使っているのはブラウンのフードプロセッサーで、熱いままでも使えますので大変便利です。フードプロセッサーを使って半分を好みのジャムにする
  6. きんかんの酸味が苦手の方は前段2の項でワイン代わりにりんご果汁を100CC程度加えて煮るとマイルドになります。宮崎県のたまたまというブランドは甘みがありますので砂糖の分量は控えめでもよい。 苦味は下処理としてきんかんを丸ごと2回程度お湯で煮こぼしすれば苦味は少なくなります。ちなみに・・・【きんかんマーマレードの作り方】ワイン代わりにりんご果汁を100CC程度加えて煮るとマイルドになりますはちみつきんかんのど飴とCMがありますよね。近頃のきんかんは宮崎県の宣伝の影響で大粒のタイプが市販されています。食感を味わいたい方は半身のまま瓶詰めをしても良いし、マーマレードが良い方は刻むかフードプロセッサーで砕くのもよいでしょう。以上で美味しい金柑のジャムまたはマーマレードの出来あがりです!!

丸江 コンタクトセンター

コンタクトセンターでは、お客さま検針・緊急のご連絡・修理・商品のお問合せ等を承ります。 ガスもれや器具の故障など、お困りごとに関するご用件は、 365日24時間受付を致しておりますのでご安心下さい。