株式会社丸江

快適をお客さまにも、地球にも。

4月~いよかんマーマレード~

4月は『いよかんのマーマレード』。 ジューシーなので生で食べるのも良いですが、 柑橘類の皮はマーマレードにすると季節感がでてGood!(旬:1-3月)

4月 ~いよかんマーマレード~季節のジャムづくり第2弾は『いよかんのマーマレード』です。みかんと入れ替わりに店頭で出てくるのがいよかんですね。ジューシーだし生で食べるのも良いのですが柑橘類の皮はマーマレードにすることで季節感もでて食卓も楽しめます。

材料

いよかん
1kg(4個)
りんご果汁
100CC(1個分)
砂糖
400g
レモン
1個

作り方

  1. いよかんはこするようにしてよく洗う。出来るだけ細かく刻み水に晒します。
    4月 ~いよかんマーマレード~
  2. 細かく切ったいよかんを鍋にたっぷり水を入れて茹でます。この茹で汁を捨てて新たに水から茹でます。これを2回程度行います。わたの部分が黄色に染まってきます。これをしないと苦味がでてきて美味しくなくなります。
  3. 茹ですぎると皮の食感がなくなるので時々おはしで取って硬さを確認する方が良いですよ。茹ですぎると皮の食感がなくなるので時々おはしで取って硬さを確認
  4. ザルにあげて水けをきったオレンジを、冷水をたっぷりはったボウルに入れて30分程度浸しておきます。果肉は袋より取り出します
  5. 鍋に皮と果肉とりんご果汁を入れて、これに砂糖を3分の1程度入れて木べらで混ぜます。水分が出てきたら好みでレモン果汁を加えて中火で煮ます。鍋に皮と果肉とりんご果汁を入れて、これに砂糖を3分の1程度入れて木べらで混ぜます
  6. 汁気がなくなって少しとろみが出てきたら残りの砂糖を加えで更に煮立てます。ジャム状になったら火を止めます。熱い内に事前に消毒した瓶にマーマレードを瓶の口いっぱいに詰めます。
  7. 蓋をして瓶を逆さまにしてしばらくさめるまでおいておいて下さい。
    長持ちさせたい方は煮沸消毒をすれば完全です。蓋をして瓶を逆さまにしてしばらくさめるまでおいておいて下さい

豆知識

柑橘類の成分のお話し

柑橘特有の苦味成分のフラボノイド類は一般的に果皮内側の白い部分のアルベドに高濃度で存在しますが、果実における分布状態は種により異なります。
フラボノイドの機能性に関する研究で、ヘスペリジンやナリンギンにガン細胞に対するアポトーシス誘導作用、脂質代謝改善作用、抗炎症作用などが報告され、ノビレチンやタンゲレチンなどのポリメトキシフラボノイドではガン細胞の湿潤・転移抑制作用、血漿VLDL濃度低下作用、さらには関節リウマチや関節破壊症に関与するマトリックスメタロプロテアーゼの産生を阻害することが明らかにされています。

伊予柑の由来

伊予柑の正確な起源は不明ですが、いよかんはミカン類とオレンジ類の交雑種といわれており、明治時代に山口県萩市で発見されました。その後、愛媛県で本格的に栽培がスタートし、地名の「伊予」という名前が付けられました。現在は愛媛を中心に山口や和歌山などで栽培されています。
果皮はやや厚めですがむきやすく、果肉もジューシーで甘酸のバランスも良好。旬は1月?3月頃となっています。
なお現在生産されているいよかんの9割以上が「宮内いよかん」という品種で、このいよかんを3月までじっくり熟成させた高品質のものは「弥生紅(やよいべに)」として売られています

作ってみて

こちらのマーマレード、先日お昼に美味しいパンと共に頂きました♪
男女とわず社員から大好評でした。
ふんだんに皮が入っているのでスーパーで買うマーマレードより贅沢です!!

同じいよかんのレシピでも使用するいよかんによって多少味に変化があるのも
手作りジャムの良さかもしれないですね

丸江 コンタクトセンター

コンタクトセンターでは、お客さま検針・緊急のご連絡・修理・商品のお問合せ等を承ります。 ガスもれや器具の故障など、お困りごとに関するご用件は、 365日24時間受付を致しておりますのでご安心下さい。