株式会社丸江

快適をお客さまにも、地球にも。

8月 ~あんずのシロップ漬け~

あんずのシロップ漬けに初挑戦!!品種は「信山丸」を使用。出来あがりは3ヵ月後なので、今のうちからご準備を^^♪

長野県森町で購入したあんずを使用してあんずのシロップ漬けに初挑戦しました!!実は「信山丸」というあんずもシロップ漬け用に1.5kg購入。前回と合わせて計7.5kgものあんずを購入した私、 ジャムラーとしてせっせと頑張りました。

材料

あんず「信山丸」
1.5キログラム
グラニュー糖
1.0キログラム

シロップ漬けのあんずは実の硬いものを選ぶのがポイントです。

作り方

  1. 水1リットルに1キロのグラニュー糖を砂糖が溶けるまで煮詰めます。左がグラニュー糖を入れたところで右が煮詰めたシロップ。
    グラニュー糖を砂糖が溶けるまで煮詰めます煮詰めたシロップ
  2. あんずを2つ割にして種を取り出します。
  3. 瓶は事前に熱湯消毒をしておきます
  4. あんずを湯通し(80℃~90℃)をして殺菌します。色は少し変化する程度で短時間でザルにあげておきます。所用時間は1分程度です。
  5. あんずを瓶に詰めて、シロップを注ぎいれ、しばらくして更にあんずを瓶に詰め込みます。この時に香りづけに種を3ケくらい入れる。あんずを瓶に詰め込みます
  6. 熱いシロップを瓶に注ぎ入れしばらくそのままにしておきます。
  7. 瓶を閉めて、蓋を半回転戻し熱湯の中へ5分程度煮沸します。
  8. 取り出して更に蓋を閉めて再び煮沸を5分程度します。
  9. シロップ漬けは3ケ月程度待てば食べごろになります。

豆知識

杏仁の利用

あんずの実はジャムやフルーツソースにしますが
種が大量に残りますので栄養価の高い種の中味を取り出します。
大変硬いので工具のニッパーを使って割ります。
薄皮がついていますが中の実は白く乾燥させて粉末にして販売されています。

中華料理で杏仁豆腐はこの種を使ったものです。
中華料理のデザートとしてよく知られている杏仁豆腐は、
種子の茶色い薄皮を取り除いた白い種肉の部分を粉末にした「杏仁霜」を
寒天で固めたものです。舌触りもなめらかで、口中にいい香りが広がります。
種に含まれる青酸ガスは杏仁をすり潰している間に揮散するので、
杏仁豆腐を食べて中毒することはありません。

あんずの効能

あんずにはどのような働きがあるのでしょうか。
あんずの成分は、リンゴ酸、クエン酸、ブドウ糖、果糖、ビタミンA、
B2、C、鉄分、リンなどです。身体を温め、腸の働きを整え、
疲れを回復させる効用があります。ゆえに、冷え性、便秘、疲労回復の薬効を
持っています。特に干しあんずにはミネラルが多く、手軽に食べたい乾燥果物です。
種には効能成分が多いのですが何しろ硬くて中々割れないし、
ニッパーを使用して種を取り出し、焼酎漬けにしても良いです。
杏仁: 鎮痛作用、解熱作用、利尿作用、健胃薬、去たん、せき止め、製薬原料。
アンズの花: 便秘、食欲増進。
果肉: 疲労回復。

マンゴーの主な効能

マンゴーは体内でビタミンA(レチノール)に変わるβカロテンが、
カボチャ並みに多いのが特徴です。 βカロテンは、細胞の老化を抑える
抗酸化作用があるので肌を美しく保つことができ、がん予防にも効果が期待できます。

また、造血作用のある「葉酸」も多く含まれているので、
貧血予防や母乳の出をよくする効果もあります。 腸の働きを整える食物繊維も多く、
便秘改善にも役立つでしょう。
ナトリウムの排出を促進するカリウムも比較的多く、高血圧や動脈硬化、
脳梗塞や心筋梗塞予防にも作用します。

丸江 コンタクトセンター

コンタクトセンターでは、お客さま検針・緊急のご連絡・修理・商品のお問合せ等を承ります。 ガスもれや器具の故障など、お困りごとに関するご用件は、 365日24時間受付を致しておりますのでご安心下さい。