株式会社丸江

快適をお客さまにも、地球にも。

10月 プラムジャム

夏の初めから出回るプラムは酸味も多く暑い夏にぴったりの果物。 生食でも十分美味しいプラムですが、後々まで楽しめるジャムに♪(旬:8-9月)

10月プラムジャム今回はプラムのジャムづくりに挑戦しました。愛媛産のプラム(すもも)は完熟すると甘く生食が美味しいのですが後々までの楽しみにジャムをつくることにしました。

材料

プラム
500グラム
レモン
1個 汁のみ
りんご果汁
50cc
砂糖
200グラム

季節のジャムづくり 10月プラムジャム

作り方

  1. 果物は洗って、好みで2cm程度に切ります。果物は洗って、好みで2cm程度に切ります。皮は加熱すると溶けますので皮むきはしなくて良いです。
  2. レモンは小さめのもので1ケをレモン絞りで果汁を取ります。りんごは摩り下ろした果汁を50cc程準備します。
  3. そのまま果実を鍋へ、レモン果汁とりんご果汁を入れますそのまま果実を鍋へ、レモン果汁とりんご果汁を入れます。
    砂糖は半量100グラムを入れ、ヘラで混ぜて少し馴染ませます。
  4. 中火で加熱すると果実が先に溶け出し、皮はしばらくしてから溶けます。
    皮の色がすもも独特のピンク色になりますので見た目も大変綺麗です。
    焦げ付きには注意しながらアク取りを丹念にします。
    少しペースト状になったら残りの砂糖を加えて再加熱します。
  5. 今回は香りづけにあんずの種を泡盛に漬けたリキュールを加えてひと煮立ちさせます。
    少し果肉が残る程度で作られることをお勧めします。
    リキュールの代わりにワインでも良いですよ。
  6. 沸騰した湯で消毒し完了熱い内に瓶に詰めて、沸騰した湯で消毒し完了です。

豆知識

プラムの効能

日本書紀や万葉集にも記載されていて、中国から八世紀頃に日本に渡来したものと言われています。明治以降にアメリカに伝わったことで、その後品種改良が行われ日本へプラムという名称で逆輸入されるようになりました。中国が原産地ですが日本の気候風土に合うようで各地で栽培されています。

今回使用したのは太陽という品種ですがその他では、大石早生(おおいしわせ)、ソルダム、サンタローザ、などがあります。食感も良くスッキリした味わいが特色で、黄色い果肉を持ち鮮紅色の果皮が特徴です。太陽は、晩生品種であり、李(スモモ)の中でも一番大きいとされます。ももの類は高血圧や動脈硬化、血栓などの予防に有用と言われています。

また、細胞の老化を防いだり、利尿や疲労回復を促す働きがあるとされます。更に、癌の発生を抑えたり、皮膚の働きを保つのを改善させたりする作用もあると言われています。成分には、食物繊維やフラボノイド、リンゴ酸、葉酸、カリウムなどがあります。食物繊維は、有害物質やコレステロール、糖質などの排泄を促進させることから、癌や動脈硬化、糖尿病などの予防に有用とされます。

丸江 コンタクトセンター

コンタクトセンターでは、お客さま検針・緊急のご連絡・修理・商品のお問合せ等を承ります。 ガスもれや器具の故障など、お困りごとに関するご用件は、 365日24時間受付を致しておりますのでご安心下さい。