株式会社丸江

快適をお客さまにも、地球にも。

3月~ 夏柑とパイナップルのジャム作り ~

2月頃から出回る夏柑と年中旬のパインは相性抜群♪さっぱりとしたパインの中に夏柑の美味しさが隠れてます。(旬:夏柑)

昨年、知人から頂いた夏みかんも2月も半ばを過ぎると取り入れ時になりました。今回は食べ易いパイン入りのマーマレードジャムに挑戦。
夏柑夏柑とパイナップルのジャム作り

材料

夏みかん
1kg(3個程度)
パイナップル
400g カットされたケース入り
りんご果汁
100cc(小さいのを1個分)
グラニュー砂糖
500g
レモン
1個

作り方

  1. 夏みかんは皮を剥いてできるだけ薄くスライスします。白いわたの部分は苦味も強いので少しスプーンで取り除きます。
  2. スライスした夏みかんスライスした夏みかんは冷水をたっぷり入ったボウルに入れて30分程度浸しておきます。
  3. 鍋に水を入れて茹でます。鍋に水を入れて茹でます。この茹で汁を捨てて新たに水から茹でる。これを2回程度行います。但し、何回も茹でると食感が柔らかくなりすぎるので確かめながら行ってください。
  4. 果肉の袋は薄皮を取って剥き身に果肉の袋は薄皮を取って剥き身にしておきます。パインは容器に移して、りんごは1個すりおろして果汁を準備します。又、レモンは1ケ果汁を取り出し、グラニュー糖を1/3程度入れて木べらで混ぜます。
  5. アクが出てきますので丁寧に取り除いてくださいグラニュー糖が馴染んだところでパインと夏柑の果肉は一緒にフードプロセッサーでペースト状にします。☆プロセッサーを使うと加熱時にアクを取り除き易くておススメです!夏柑の皮も入れて中火で煮ます。途中、アクが出てきますので丁寧に取り除いてください。
  6. ジャム状になったら火を止める汁気がなくなって少しとろみが出てきたら残りの砂糖を加えで更に煮ます。ジャム状になったら火を止めて、熱い内に事前に消毒した瓶にマーマレードを詰めます。
  7. 蓋をして瓶を逆さまにしてしばらく冷めるまでおいておけば完成蓋をして瓶を逆さまにしてしばらく冷めるまでおいておけば完成♪長持ちさせたい方は煮沸消毒をすれば完全です。
    ☆マーマレードは柑橘類の皮を使うのでどうしても苦味がでてしまいますので茹でこぼしは必ず行いましょう。夏柑の皮の食感とパインのペクチンで少しの苦味と程よい甘みのマーマレードに仕上がります^^

豆知識

夏柑の効能

含有される成分では食物繊維やオーラプテン、リモノイド、クエン酸などがあります。

食物繊維には抗がん作用や整腸作用などがあると言われており、
オーラプテンは老化を防いだり、癌の予防に有用とされています。
これは活性酸素を除去する作用があるとされる為で、果皮に含有されています。

リモノイドは、発癌性物質を無毒化したり、血小板凝集を抑える働きがあります。
この為、癌や血栓の予防に期待されています。
リモノイドには数十種に上る種類があり、柑橘類が有する独特の苦味成分を言います。

パイナップルの効能

パイナップルは気管支炎や消化促進に効果があります。
一般に去痰剤といった薬の中には、タンパク分解酵素やのどのはれや気管支の炎症を取る成分の入っているものがありますが、このタンパク分解酵素の一つプロメリンは、パイナップルの果実や根茎から抽出されます。

また、ブロメリンは腸内環境を調節する作用があると言われており消化酵素の仲間です。
この為、消化を促して蛋白質や老廃物を分解し、胃腸へかかる負荷を緩和します。

疲労回復に有用とされているクエン酸は乳酸を代謝して分解するため、
筋肉中への疲労物質の蓄積を防ぎます

丸江 コンタクトセンター

コンタクトセンターでは、お客さま検針・緊急のご連絡・修理・商品のお問合せ等を承ります。 ガスもれや器具の故障など、お困りごとに関するご用件は、 365日24時間受付を致しておりますのでご安心下さい。