株式会社丸江

快適をお客さまにも、地球にも。

陶芸の館 さま

茅ヶ崎の陶芸家佐藤東魚先生を訪ねました。先生は陶芸や絵画、お料理、手芸、手打ちそばの講師などをこなす多才な女性。
普段忘れがちな『人の手によって作り出される温もり』を陶芸を通して学んで来ました。最初に伺った『陶芸は内なる力・抑止の力』。さて、その言葉の意味がわかるのか?

陶芸の館|陶芸家佐藤東魚先生

写真右:東魚先生の温かいお出迎え

入り口を入るとまず、東魚先生の温かいお出迎え。初めてお会いしたのに緊張を感じさせないお人柄にまず惚れ惚れ。

絵付けは下書きなしでイメージでなさるそうです。『桜って(実物は)どうだったかな?』と思ったら実際に見に出かけて葉や幹を触ってくるそうです。

今回の体験コース

コース時間
約2時間
費用
5,000円(粘土1kg、講師代、焼き代全て込み)
予約方法
日にちは電話で相談して予約しました。

形まで作って、『絵付けはこんな風に・・・』と後は先生にお任せ致しました。
ご希望の方には体験コースの費用内で絵付けまで教えてもらえます。

東魚と陶芸工房展のお知らせ

先生と生徒さんの手作り作品が展示されます。

場所
ハスキーズギャラリー(茅ヶ崎駅北口交番の並び)
日時
11月21日 午後~、11月22~23日 10~18時、11月24日 10~17時

今回の体験コース

陶芸の館|材料の粘土

左が先生の『菊もみ』。 つぶしたり、丸めたり、のばしたり・・・。最後に触ったのはいつだったかな?


陶芸の館|コース工程

完成は近い。底は針金で削って作っていきます。

  1. まずは粘土をもむ。写真上左が先生の『菊もみ』。これができるようになるまで3年かかるそうです。
  2. ロクロが出てきて土台作り。棒状の粘土を下から一段ずつ積み上げていきます。もうこの辺りから無言。そうそう『内なる力』
  3. 積み上がったらへらで整形。
  4. あぁ、形が出来上がってきた~。先生が丁寧に教えてくれるので安心。実は底を思い切って削りすぎて穴が開いてしまいました。でも先生がちゃーんと修復してくれます。『初めてにしては思い切りがいいわね~』と他の生徒さんにも誉められる始末・・・。楽しい・・・。
  5. 完成は近い。底は針金で削って作っていきます。
  6. サインをしてできあがり。この頃にはすっかり陶芸のとりこ。焼きと絵付けは先生にお願いしました。

工房では生徒さんが作成中。『自分で作った器にお料理を盛るのが幸せ』『お嫁に行く娘に持たせるのよ』と気さくにお話を聞かせてくれます。

陶芸の館:詳細情報

住所
神奈川県茅ヶ崎市浜之郷
電話
0467-57-2055
営業時間
予約制

丸江 コンタクトセンター

コンタクトセンターでは、お客さま検針・緊急のご連絡・修理・商品のお問合せ等を承ります。 ガスもれや器具の故障など、お困りごとに関するご用件は、 365日24時間受付を致しておりますのでご安心下さい。